認知症疾患医療センター

 医療法人社団きのこ会  きのこエスポアール病院は、平成27年8月1日付けで
岡山県より認知症疾患医療センターに指定されました。

認知症疾患医療センターとは...
 認知症に関する鑑別診断、治療、専門医療相談、認知症の理解をすすめるための
 研修会や講演会など啓蒙活動を行う専門機関です。

センター長ご挨拶

きのこエスポアール病院は1984年に本邦で最初に開設された認知症専門の医療機関です。
私たちはこれまでに1万8千人を超える認知症を有する人たちと向き合ってきました。
認知症の原因となる疾患は多様ですが、全ての原因疾患について早期診断が重要です。
加齢とともに増加するアルツハイマー病やレビー小体型認知症は内服薬によって病気の
進行を遅らせることができるようになっています。不眠、妄想、怒りっぽいなど認知症に
伴いやすい様々な心理状態の治療方針は、ご本人の負担を減らした合理的なものを目指して
世界的に大きく変わりつつあります。ただ診断するだけではご本人とご家族の心理的打撃は
大きく、その点への十分な配慮も必要です。私たちはこれからも認知症を有する方々の
一人一人に支援が行き届くよう努力をしてまいりたいと思っています。

 2015年8月1日
きのこエスポアール病院副院長
認知症疾患医療センター長

横田 修

  centeraddress