講演会

 ph_kouenkai_choushu佐々木健院長と篠崎人理本部長は、私たちの経験を出来るだけ多くの方にお伝えするために、これまでに多くの講演の機会をいただきお話してきました。

特に2000年ごろからは、ユニットケアの導入が国内でも活発になり、ユニットケアについての講演依頼にもお応えしてきました。

近年では、「ケア」の大切さを多くの方々が理解されています。しかし当初は「ケア」よりも「ユニット」が、つまり建築構造物に意識が集まっていました。

「ケア」を大切にしてしてほしい。一番にご利用者さまのことを考えて戴きたい。私たちの思いをこれからもお伝えしていきたいと思います。

cap018 cap017