もの忘れ相談室

monowasure-1

「認知症」は高齢者だけの病気ではありません。

・「今日は何日だったかな?」
・「あれはどこに置いたかな?」

と言うことが増えた方いませんか?

「物忘れ」の病気は、早期発見・早期治療が重要です。
「物忘れは・・・確かに気になるけど・・・医者に相談するほどでも・・・」という方
ぜひ「物忘れ相談室」にご相談下さい。

「物忘れ相談室」って何だろう?

「人や物の名前がすぐに思い出せない、口をついて出ない」といった経験をしたことがある人は大勢いらっしゃると思います。そんな「物忘れ」の回数が増えてきたように感じると「ボケてきたのかな・・・」と不安に思ってしまう方は少なくないと思います。また最近は、テレビや雑誌・新聞などのメディアから「物忘れの病気」の情報が多く入ってくるため、余計に意識してしまう人も多いのではないのでしょうか?

「物忘れ」には2種類あって

1.「加齢に伴う生理的な物忘れ」・・・

脳が歳をとって若い頃のように回転しないため,記憶の引き出しから瞬時に情報が取り出せない状態。
大半は少し時間をかけて考えると思い出せる。

monowasure-2-yoi

2.「病的な物忘れ」・・・・・・・・・・・・・・・

monowasure-2_komatta

年齢以上に脳の働きが悪くなっていて、同年代の人と比べて、明らかに物覚えが良くない。記憶の引き出しの底に穴が空いており、時々そこに入れた情報自体が落ちてしまう状態。
いくら時間をかけても思い出せないことがだんだんと増えていく。

monowasure-2_warui

「物忘れ相談室」では「少し不安だけど家族や友人からは何も言われないし・・・、でも気になるし・・・、でも病院で診察を受けるのは恥ずかしいしなぁ・・・」といった方に対して、「良い物忘れ」なのか「危険な物忘れ」なのか調べる「物忘れ検診」を受けて頂くことができます。

「物忘れ検診」ってどんなことをするの?

当院の「物忘れ検診」は心理士による神経心理学検査を行います。「神経心理・・・」と難しい名前ですが内容は「日付がはっきりとわかっているか」「5 分前の記憶が残っているか」などごく簡単なものです。時間も30 分弱で終わります。
その検査結果から「危険な物忘れ」の徴候が無いかどうかを判断し、説明いたします。
また、完全予約制で行っていますので検査時間(約30 分)を含めて1 時間と余裕を持って検診致します。

物忘れ相談室 「物忘れ検診」の受診について

物忘れ相談室 「物忘れ検診」

水曜日 15:00 ~
金曜日 15:00 ~
土曜日 14:00 ~

に行っています。

完全予約制となっておりますので事前にご予約下さい。お電話か当院外来受付で予約を受け付けております。

★受付電話番号 (代表)0865-63-0727

「物忘れ相談室の予約」とお伝え下さい。

★予約受付時間 月曜から土曜日 9:00 から17:00
(祝祭日は受付できません)

★検査費用 実費3,000 円 (検診のため保険適応外です)

・~・~・~ご注意下さい~・~・~・

この「物忘れ検診」で,認知症の診断ができるわけではありません。

あくまで「『物忘れ』の自覚はあるが医者に掛かるほどではない」と思っている方に対して「物忘れの病気の徴候」があるか否かを調べることを目的としております。
この検診で「物忘れの病気の徴候」が認められた場合は早めに専門医受診をお勧めしております。

「物忘れの病気の徴候」がない場合は、特に受診を勧めることは致しません。
もし不安があるようでしたら半年から一年に一度「物忘れ検診」を受けていただくことをお勧めいたします。

今現在すでにご家族やご友人などから「物忘れ」に関して指摘される場合は,まず専門医の受診をお勧めいたします。

こちらから、PDFをダウンロードできます