タイからの視察

タイからの「認知症ケアの実情視察」

きのこグループ 社会福祉法人 新生寿会 総社市山手福祉センター

『第14回アジア・パシフィック・アルツハイマー学会』(平成24年1月11日~13日開催)にて、きのこグループを代表して総社市山手福祉センター施設長西谷達也が「きのこグループの認知症ケア」について講演しました。
 タイでのケアの現状は、専門病院や老人保健施設、グループホームなどはなく、これから在宅介護に向けてデイサービス等の立ち上げに向けて動き出している状況であり、講演内容である「日本における認知症ケア~きのこグループの実践~」にタイの専門家の皆様も多いに感銘を受けられました。
 講演後、各国の参加者から「ぜひ一度日本に行ってケアの実際を見てみたい」とのお話があり、この度「認知症ケアの実情視察」のため平成24年12月13日タイより医師4名、看護師1名が、総社市山手福祉センターへ視察に来られました。

タイの方々の見学のご様子をお伝えします。

1.歓迎レセプション

日本国の「おもてなしの心」を意とし、スタッフによる“お茶会”で歓迎しました。タイの皆様は和菓子とお茶の雰囲気に「グレート!」「デリシャス!」の声を連発されていました。

1
2
3

2.在宅ケアの実際と施設紹介 西谷施設長による講義

各自、自己紹介を済ませ、施設長 西谷による講義です。
主にケアに対する理念と方向、その方法論を話されました。

4

3.施設見学

福祉センター内にあるサロン、デイサービス、ショートステイ、レストランなどを見学しました。

5
6
7

4.講義 佐々木院長による講義

エスポアール病院の佐々木院長が到着し、認知症ケアに対する講義です。

8

5.デイ昼食風景の見学及び昼食

デイ利用者の方々の食事風景を見学。日本でも最先端を行く考え方や取り組みに皆様一同に驚きと感銘を受けておられました。
また、センター内にある一般向けレストランバイキングにて昼食を堪能されました。

9
10
11
12
13
14

6.自由見学

昼食後は実際のケア風景を自由に見学していただきました。
 私たちのケアには『利用者中心』が基本にあり、利用者さん本人の思いやその人らしさを大切に、豊かな暮らしや豊かな人生につなげられるようケアを行っています。できるだけ利用者さん一人一人の求めることが実現できるよう、当センターでは過ごし方を決めることなく、全てにおいてさまざまな選択肢を提示し、選んでいただけるようにしています。ゆったりとした雰囲気と、それぞれの利用者の方々がやりたいところでやりたいことをされている姿、またスタッフの優しさ、笑顔と楽しげな表情に大変感銘を受けておられました。

15
16
17

7.交流会

見学後、山手福祉センターの職員と交流会を設けタイの医師や看護師の方から「スタッフが楽しそうに仕事をしているが、どのようなスタンスなのか、どのように教育をしているのか」と興味を示されたり、「時間がゆったり過ぎているように感じたがなぜそのような事が出来るのか」「食事やレクリエーションなどの個別ケアが先駆的である」という質問や感想を受けました。また「ぜひ、もう一度タイへ来て教えてほしい」「タイの病院スタッフにもここを見せたい」という感想も頂きました。

18
19
20

最後に、当センターからイケメン隊による歌とオリジナルプレゼントを手渡し、一日は終了しました。

21
22
23
 

DSC00862<感想>
・KSB(瀬戸内海放送)からのTV取材があり緊張しました。
・佐々木理事長が来所し、山手のケアを絶賛して頂きました。
・西谷施設長の各所にある『絵』が大人気です。
・これからの時代、英語は必須だなと感じました。