法人情報

社会福祉法人 新生寿会

決算報告書

現況報告書

 定   款

規   定

社会福祉法人 新生寿会 行動計画 (女性活躍推進法)

従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などに取り組む。

1 計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日

2 内容

目標
過去3年間で2名であった自身の出産を理由とした退職者数を0人とする
対策
・上司を通じた男性労働者の働き方の見直しなど育児参画の促進
・若手の労働者を対象とした仕事と家庭の両立を前提としたキャリアイメージ形成のための研修・説明会等の実施
・育児休業から復職者を部下に持つ上司に対する適切なマネジメント・育成等に関する研修等
・職階等に応じた女性同士の交流機会の設定等によるネットワーク形成支援
・育児・介護・配偶者の転勤等を理由とする退職者に対する再雇用の実施

医療法人社団きのこ会

医療法人社団きのこ会 行動計画 (次世代育成支援対策推進法)

全ての職員がその能力を十分に発揮し、仕事と生活の調和を図り、長く働く事ができるような雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1 計画期間

令和2年4月1日~令和6年3月31日

2 内容

目標
職員が出産や育児に関する休暇を取得しやすい職場環境を目指します
対策

・社員へのアンケート調査、検討開始
・子育てに関する休暇制度等の各種制度や仕事と子育ての両立を支援する職場づくりに向けたパンフレットの作成
・パンフレットを職員へ周知するなどし、出産と育児に対する職場の理解を深める。

目標
育児休業から安心して職場に復帰することができるよう支援します。
対策
・育児休業中の職員に対して、復帰後の働き方や希望など事前カウンセリングを行う。
・育児休業中の職員に対して、定期的に院内に関する情報を提供する。
・保育園等を利用する職員に対して保育料等の補助制度創設。
目標
有給休暇や公休などを活用した5日間以上の連続休暇取得を促進します。
対策
・現在の有給休暇取得状況などを部署ごとに把握し、問題点の検討を行う。
・計画的な取得、連続休暇取得を目指して職員へ周知・啓発を行う。
・現在の有給休暇とは別に、連続休暇が取得できるよう新たな休暇制度を創設。

きのこグループ概要

社会福祉法人 新生寿会

ベッド数(全施設) 610床   職員数(全施設) 約530名

医療法人社団きのこ会

ベッド数(全施設) 207床   職員数(全施設) 約190名

きのこグループ合計

ベッド数(全施設) 817床   職員数(全施設) 約720名