研究活動(論文等)

| 論 文 | 共同研究 | 論文査読 |

論 文

2016年

Ikeda C, Yokota O, Nagao S, Ishizu H, Oshima E, Hasegawa S, Okahisa Y, Terada S, Yamada N
The relationship between development of neuronal and astrocytic tau pathologies in subcortical nuclei and progression of argyrophilic grain disease
Brain Pathol. 2016 Jul;26(4):488-505. doi: 10.1111/bpa.12319. Epub 2015 Nov 9.

長尾茂人,横田修,三木知子,寺田整司,山田了士
嗜銀顆粒病
老年精神医学雑誌2016;27(1):51-58

天野直二,新井哲明,池田研二,小阪憲司,横田修,入谷修二
精神医学と脳神経病理学,その歴史とこれからの展望 -精神科臨床の立場から-
老年精神医学雑誌2016;27(1)97-110

Miki T, Yokota O, Ishizu H, Kuroda S, Oshima E, Terada S, Yamada N
Behavioral variant of frontotemporal dementia: fundamental clinical issues associated with the prediction of pathological bases
Neuropathology. 2016 Aug;36(4):388-404. doi: 10.1111/neup.12290. Epub 2016 Mar 11.

Kurisu K, Terada S, Oshima E, Horiuchi M, Imai N, Yabe M, Yokota O, Ishihara T, Yamada N. Comparison of QOL between patients with different degenerative dementias, focusing especially on positive and negative affect.
Int Psychogeriatr. 2016 Aug;28(8):1355-61. doi: 10.1017/S1041610216000491. Epub 2016 Mar 29.

Hirao A, Abe K, Takayama K, Kondo K, Yokota O, Sato Y, Norikiyo T, Sato S, Nakashima T, Hayashi H, Nakata K, Asaba H, Tanaka K, Tanaka R, Morisada Y, Itakura H, Honda H, Okabe N, Oshima E, Terada S; Middle Western Japan-Dementia Study (mid-Dem study)
Heterogeneity of patients receiving artificial nutrition in Japanese psychiatric hospitals: a cross-sectional study.
Psychogeriatrics. 2016 Nov;16(6):341-348. doi: 10.1111/psyg.12173. Epub 2016 Jan 12.

Watanabe Y, Beeldman E, Raaphorst J, Izumi Y, Yoshino H, Masuda M, Atsuta N, Ito S, Adachi T, Adachi Y, Yokota O, Oda M, Hanashima R, Ogino M, Ichikawa H, Hasegawa K, Kimura H, Shimizu T, Aiba I, Yabe H, Kanba M, Kusumi K, Aoki T, Hiroe Y, Hirohisa Watanabe H, Nishiyama K, Nomoto M, Sobue G, Nakashima K, the ALS-FTD-Q-J Research Group
Japanese version of the ALS-FTD-questionnaire (ALS-FTD-Q-J)
J Neurol Sci 2006; 367: 51–55

Kawakami I, Kobayashi Z, Arai T, Yokota O, Nonaka T, Aoki N, Niizato K, Oshima K, Higashi S, Katsuse O, Hosokawa M, Hasegawa M, Akiyama H.
Chorea as a clinical feature of the basophilic inclusion body disease subtype of fused-in-sarcoma-associated frontotemporal lobar degeneration
Acta Neuropathol Commun. 2016 Apr 4;4:36. doi: 10.1186/s40478-016-0304-9.

Abe K, Yamashita R, Kondo K, Takayama K, Yokota O, Sato Y, Kawai M, Ishizu H, Nakashima T, Hayashi H, Nakata K, Asaba H, Kadota K, Tanaka K, Morisada Y, Oshima E, Terada S.
Long-Term Survival of Patients Receiving Artificial Nutrition in Japanese Psychiatric Hospitals.
Dement Geriatr Cogn Dis Extra. 2016 Oct 7;6(3):477-485.

池田智香子,横田修,長尾茂人,三木知子,大島悦子,寺田整司,山田了士
嗜銀顆粒病の臨床診断と治療
臨床精神医学2016; 45(4): 489-497

横田修,長尾茂人,池田智香子,三木知子,寺田整司,山田了士
嗜銀顆粒病の認知機能障害,生活障害,行動・心理症状
精神医学 2016; 58(11): 941-951

横田 修
認知症専門精神科病院から見た地域包括ケア
日本社会精神医学会雑誌2016 (in press)

横田 修
I-7.認知症はどのような経過で進行しますか
神経内科Clinical Questions & Pearls 『認知症』,p27-33. 高尾昌樹編 中外医学社 2016年12月10日発行

2015年

木村成志,三木知子,山口 潔,高尾昌樹,浦上克哉,秋下雅弘,横田 修
アルツハイマー病診療のスキルアップを考える – この症例をどう診るか2014 ‐
老年精神医学雑誌第26巻増刊号‐I 2015;3:7-26

横田 修
与えているものと求められているもの
老年精神医学雑誌 2015; 26(3): 234-235

横田 修
TDP-43陽性封入体を有する前頭側頭葉変性症(FTLD-TDP)の臨床的特徴.特集:精神医学と神経学の境界領域.
精神医学 2015; 57(10): 839-847.

横田 修
四大認知症の病理学:特に臨床診断に関係する知見について
精神科診断学 2015; 8(1): 36-47

Ikeda C, Terada S, Oshima E, Hayashi S, Okahisa Y, Takaki M, Inagaki M, Yokota O, Uchitomi Y.
Difference in determinants of caregiver burden between amnestic mild cognitive impairment and mild Alzheimer’s disease.
Psychiatry Res. 2015 Mar 30;226(1):242-6.

Terada S, Oshima E, Ikeda C, Hayashi S, Yokota O, Uchitomi Y.
Development and evaluation of a short version of the quality of life questionnaire for dementia.
Int Psychogeriatr. 2015 Jan;27(1):103-10. doi: 10.1017/S1041610214001811.

 

共同研究

2016年

文部科学省科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)(平成27-29年度),課題番号15K09867,高齢者の脳機能低下に影響する進行性核上性麻痺の早期病変に関する臨床病理学的検討.研究代表者 横田 修

国立精神・神経医療研究センター 精神・神経疾患研究開発費27-6(平成28年度)
精神疾患・認知症疾患・神経疾患の剖検脳組織蓄積と臨床病理学的研究および精神疾患の死後脳リソース増加に向けた検討.研究代表者 国立精神・神経医療研究センター 後藤雄一,研究協力者 横田 修

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業H26-難治等(難)-一般-085(平成26-28年)神経変性疾患領域における基盤的調査研究 研究代表者 鳥取大学脳神経内科 中島健二,研究協力者 横田 修

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED ),脳科学研究戦略推進プログラム,臨床と基礎研究の連携強化による精神・神経疾患の克服(融合脳).課題番号16dm0107109h0001(2016-2020年)日本ブレインバンクネットの構築.代表機関 国立研究開発法人・国立精神・神経医療研究センター,研究開発代表者 齊藤祐子,研究開発分担者 寺田整司,研究開発協力者 横田修.分担研究課題名:精神疾患・神経疾患の剖検脳蓄積

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED),臨床ゲノム情報統合データベース整備事業.課題番号16kk0205009h0001(平成28年度)認知症臨床ゲノム情報データベース構築に関する開発研究.研究開発代表者 大阪市立大学 森啓,研究開発分担者 寺田整司,研究開発協力者 横田修.分担研究課題名:認知症脳病変の多様性に着目した病理組織学的解析と凍結脳検体の保管・サンプリング

2015年

文部科学省科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)10648231(平成25-27年度)易怒性の目立つグレイン型認知症の認知・運動機能、予後、QOLに関する臨床病理学的研究.研究代表者 池田智香子,分担研究者 横田修

文部科学省科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)15K09867(平成27-29年度)高齢者の脳機能低下に影響する進行性核上性麻痺の早期病変に関する臨床病理学的検討.研究代表者 横田修

国立研究開発法人日本医療研究開発機構 長寿・障害総合研究事業 認知症研究開発事業 15dk0207001h0003(平成27年度)BPSDの症状評価法および治療法の開発と脳内基盤解明を目指した総合的研究 (平成25-27年度) 研究代表者 筑波大学 新井哲明,分担研究者 横田修

国立精神・神経医療研究センター 精神・神経疾患研究開発費27-6(平成27年度)
精神疾患・認知症疾患・神経疾患の剖検脳組織蓄積と臨床病理学的研究および精神疾患の死後脳リソース増加に向けた検討.研究代表者 国立精神・神経医療研究センター 後藤雄一,研究協力者 横田修

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業H26-難治等(難)-一般-085(平成26-28年)神経変性疾患領域における基盤的調査研究 研究代表者 鳥取大学脳神経内科 中島健二,研究協力者 横田修

 

論文査読

2016年

横田 修
Journal of the Neurological Sciences  2016年3月
Acta Neuropathologica  2016年3月
Brain and Behavior  2016年4月
Acta Neuropathologica  2016年5月
Acta Neuropathologica  2016年5月
BMJ Case Reports  2016年6月
Acta Neuropathologica Communications  2016年6月
Alzheimer’s & Dementia  2016年7月
Acta Neuropathologica  2016年7月
BMJ Case Reports  2016年8月
Acta Neuropathologica Communications  2016年11月
Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry  2016年11月
Current Alzheimer Research  2016年12月
Acta Neuropathologica Communications 2016年12月
Geriatrics & Gerontology International  2016年12月

2015年

横田 修
Acta Neuropathologica  2015年3月
Acta Neuropathologica Communications  2015年6月
Acta Neuropathologica  2015年6月
Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry  2015年8月
Acta Neuropathologica Communications  2015年9月
Acta Neuropathologica  2015年10月
Acta Neuropathologica Communications  2015年11月