認知症疾患医療センターとは

保健医療・介護機関等と連携を図りながら、認知症疾患に関する鑑別診断、治療、専門医療相談等を実施するとともに、地域保健医療・介護関係者への研修等を行う専門の医療機関です。

主な業務内容

認知症の診断と対応

日常生活の様子や身体疾患の状態について詳しくお聞きし、神経心理検査・CTによる画像検査・血液検査など各種の検査結果をもとに、専門の医師が総合的な評価と診断を行います。次に診断に基づいた治療と、生活状況に応じた看護や介護の方針、各種介護福祉サービス利用についてご本人やご家族とともに考えていきます。

 

周辺症状や身体合併症への対応

認知症疾患の周辺症状の悪化に対しては入院治療も行います。重篤な身体合併症に対しては、他の医療機関との連携体制をとっています。

 

認知症に関する専門医療相談(電話・面接)

専門の職員(看護師・精神保健福祉士・心理士など)が、認知症に関する不安や悩みのある方やそのご家族様、また医療・福祉関係の方々から認知症に関する様々な相談を受けています。相談内容としては、受診に関する相談を中心にBPSDの対処や介護方法等についての相談も受けています。お気軽にご相談ください。

相談はすべて無料ですが、面接相談の場合は予め電話での予約が必要です。

 

医療・福祉の関係機関との連携、研修会の開催

地域における医療機関、介護保険、福祉サービス等の情報をお伝えし、必要に応じてそれぞれの事業所を紹介いたします。医療機関や関係される行政機関から紹介を受けた方については、紹介元と連携を図りながらご本人の生活を支援します。また、地域の保健医療・福祉関係の多職種で組織する協議会を開催し、医療と介護の連携や課題についての検討や研修を行います。それらにより、各関係者間の連携と認知症に関する知識の向上を図ります。

 

認知症医療に関する情報発信

ホームページやパンフレット等により、認知症医療についての情報を提供します。

 

受診について

受診を希望される場合は、まずはお電話でご相談ください。専門の職員より受診方法等をお伝えします。

 

お問い合わせ先

きのこエスポアール認知症疾患医療センター

専用電話 TEL 0865-63-0725  FAX 0865-63-5214

受付時間 月-土の9時-17時(日祝日、盆、年末年始除く)

 

認知症疾患医療センターパンフレット

こちらからPDFファイルをダウンロードできます。
pdf-icon