センター長挨拶

きのこエスポアール病院は2015年8月に岡山県認知症疾患医療センターに指定されました。当院は1984年に本邦で最初に開設された認知症専門の医療機関です。これまで多くの認知症を有する人たちと向き合い、新しい認知症の医療と介護を確立できるよう努力してきました。何の先例もない時代から最善の医療と福祉の形を手さぐりで探し続け、1995年には認知症介護の先進国であるスウェーデンとの研修・交流を開始し、1996年には地元自治体と本邦初の認知症高齢者グループホームケアの実践に踏み切りました。以後、様々な取り組みを行ってきましたが、認知症の医療とケアは生活の中にあるべきだという理念が長く当院の基本方針となっています。

当院が開設された頃と比べると、認知症の診断・治療・介護の目標は本当に大きく変わりました。全ての病気で早期診断が重要です。加齢とともに増加するアルツハイマー病やレビー小体型認知症については、内服薬によって病気の進行を遅らせることができるようになっています。65才以下の若年で発症することがほとんどである前頭側頭葉変性症(前頭側頭型認知症、ピック病)を正確に診断し、治療方針を早期に決めることも大切です。これまでの日常生活の様子には各種の検査ではわからない診断に役立つ大切な情報が含まれていますので、ご家族からお話を十分にうかがいます。不眠や怒りっぽさなどの認知症に伴いやすい様々な心理状態や行動の変化に対する外来・入院での治療や介護の考え方も、認知症を有する人の負担をできるだけ減らす方向で世界的に大きく変わりつつあります。

認知症疾患医療センターの役割には診断や治療の情報をかかりつけ医の先生方と共有し、地域の様々な医療機関、介護保険事業所とも連携して支援の質を向上させる取り組みも含まれます。私たちがこれまで向き合ってきた新患患者さんは、現在1万8千人を超えています。私たちはこれからも最善の医療と介護のあり方を考えながら、認知症を有する方々の一人一人に支援が行き届くよう努力をしてまいりたいと思っています。

 2015年8月1日
きのこエスポアール病院副院長
認知症疾患医療センター長
横 田 修

 

きのこエスポアール認知症疾患医療センター

きのこエスポアール病院内に併設しています。

専用電話 TEL 0865-63-0725 FAX 0865-63-5214
受付時間 月曜日〜土曜日 9時〜17時(日祝日、盆、年末年始除く)

きのこエスポアール病院

医療法人社団 きのこ会
きのこエスポアール病院
〒714-0071 岡山県笠岡市東大戸2908
TEL.0865-63-0727(代)